読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やね屋不動産部のブログ

賃貸住宅の契約について

他の入居者との家賃の違い

敷金診断士とは

http://shikikin.jp/about


日本住宅性能検査協会への年間10,000件近い敷金相談や、


県民相談総合センター等の公的機関からの業務依頼の中から掲載しています。


http://www.nichijuken.org

日本住宅性能検査協会


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<他の入居者との家賃の違い>(1)

(質問)

住んでいる物件の他の部屋の入居者募集がが数千円安くなっていた。

そこで、管理会社に、

 

家賃減額をお願いしたら、

 

「いやなら退去してもよい」と言われてしまった。

 

何とか、家賃減額を勝ち取る方法はないか?

 

 

(回答)

借地借家法上、近傍同種の物件と比較して、

 

家賃が不相当となった場合には、

家主・借主のどちら側にも、賃料の増減請求権が認められています。


したがって、法的には、家賃の値下げ交渉を行う権利がありますが、

だからといって、

 

素直に家賃値下げに応じてくれるかどうかは別問題です。


管理会社が、「退去していい」と言っているとのことですが、

 

本気でそのように言うはずはありません。

なぜなら、日当たりが悪くなったことで退去者が続出しているのに、

 

これ以上退去者を出すことは避けたいことだからです。

 

退去者が出ても、「満室保証」などを行っていない、

 

通常の管理委託契約であれば、

管理会社自体の収入はダウンしませんが、

 

家主の収入は明らかにダウンします。


万一、家主の収入ダウンを促進するようなことを、

 

管理会社が行えば、家主に対する背信行為となります。


したがって、

 

管理会社は、家賃値下げ要求を諦めさせるために、

そのように主張しているだけだと思います。


家賃値下げ交渉は、管理会社を相手にしても、

 

あまり意味がありません。


家主に対して行ったほうがよいでしょう。


ただし、

 

すぐに家主に対して交渉するよりも、

 

 

管理会社に対して、「『退去してもかまわない』と言って、

 

まともに話を聞いてくれないなら、家主と直接交渉し、

 

管理会社の主張を家主に訴える」というように話せば、

管理会社があわてて、

 

家賃減額交渉に応じるようになるかもしれませんので、

 

管理会社との交渉がうまくいかなくなったときに、

 

家主と直接交渉するほうがよいかもしれません。
 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日本住宅性能検査協会の敷金診断士業務資料より掲載しています

 

特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会


 

 

不動産ADR(裁判外紛争解決手続)センター


屋根工事


輸入瓦


不動産

 

現在入札可能な競売物件一覧 - 清水屋根瓦工事有限会社 | 不動産競売流通協会(FKR) 群馬県高崎市の正会員

 

 

www.shimizu-yane.com


戸建賃貸住宅のご提案


http://www.shimizu-yane.co.jp